ラニー ラッカー

ニューヨーク州オーベニー市で生まれ、幼い頃から教会の賛美の中に育ち、教会のクワイヤに参加。父がレコード店を経営していたこともあり、ジャズやブルーズやソウル、そしてポピュラーミュージックに対し関心を示すようになり、10歳の時にドラムを始め、中学校・高校時代には吹奏楽器や管楽器と幅広く演奏。60年代後半、ソウル・バンドに加わり、トロンボーンやキーボード奏者、そしてヴォーカリストとして音楽活動を始める。 1977年、初来日、ライブ活動を行う。

1986年第31回Yamaha ポプコンつま恋本選会において、「フレンドシップ」が優秀曲賞受賞。1991〜1993年にフジテレビ「ひらけ!ポンキッキ」の英語コーナーに作曲、そして出演。また、多くのテレビCMやラジオ番組に出演。1992年、ヴォーカル教室の開始、ゴスペルミュージックワークショップを形成するためラッカー・ゴスペル・ミニストリーの主宰となる。国内初となる日本人に向けたゴスペル・ワークショップを開催した。各地でワークショップをきっかけに結成したゴスペル・クワイヤの指導。多くの人々にゴスペル音楽を広めたパイオニアとして知られている。

現在、各地のゴスペル・クワイヤ(聖歌隊)の指導、ワークショップ、奏楽者セミナー、指揮者セミナーを通してゴスペルを受継ぐ人々を育てると共に、教会、学校、結婚式や各地域においてのコンサートに出演。 また、自ら作詞・作曲を手がけたゴスペルの楽譜やピアノ奏者のための教本を出版。

メディアリンク